日々の活動Blog

【依頼講座】七ヶ宿町に行ってきました!①

2021年7月10日(土)
依頼講座 七ヶ宿町社会福祉協議会
七ヶ宿町高齢者センター/湯原コミュニティーセンター
プログラム「蝶の軌跡のデザイン画」

7月に入り雨の日が続いております。今年度、初講座であるこの日も宮城では朝から雨が降っておりましたが、七ヶ宿町へ近づくに連れ雨雲が去っていき・・・会場に到着する頃には驚くほどきれいな青空!お空も歓迎してくれているのかしらと嬉しくなりました。

本日は七ヶ宿町で初の色鉛筆プログラム「蝶の軌跡のデザイン画」です。500色の色鉛筆が登場すると一気に会場が華やかになりました。

今日はこの中から自分が使ってみたい色を選んでください。

「色ってこんなに種類あるんだね」「似てるけど違う色なの?」迷いながらも皆さん色選びに夢中です!

お隣の方が選んだ色を見て選びなおしたり・・・お買い物みたいで楽しそうですね。

初めての色鉛筆プログラムなので、まずは手慣らしでハガキサイズの作品を描きます。色鉛筆を寝かせて色を塗って優しい色調の画面に仕上がっていきます。

 

小さな四角の中に混色で生み出された美しい色の世界が広がっていきます。オイルパステルや絵の具とは違った描き心地に皆さんなんだかとても楽しそうです。

本日のプログラムは蝶の軌跡。飛んだ跡である「軌跡」がテーマなのですが・・・「きせき」と聞くと「奇跡」ミラクルの方を思い浮かべた参加者の方もたくさんいらっしゃったようです。

「違いますよ「軌跡」ですよ」と説明しましたが、まさかの「奇跡」が起こりました!午後の湯原会場で「蝶の飛び方なんてわかんね」と頭を悩ませていると・・・なんと本物の蝶々が現れたのです!窓の外に目を向けるとヒラヒラと飛び方を見せてあっという間に去っていきました。蝶々がわざわざ飛び方を見せに来てくれるなんて・・・七ヶ宿町の皆さんは生き物達にも愛されているんですね。

半年ぶりの臨床美術講座で2つも作品を制作し、皆さん右脳も左脳も利き手もちょっとお疲れのようす。中には二刀流ならぬ三刀流で描く兵も現れました!

疲れや迷いはどこへやら根気強く色を重ねて色鉛筆ならではの優しい色調の作品に仕上がりました。混色したりグラデーションを楽しんだり・・・台紙の貼り方も個性的でステキです。

作品が出来上がったら鑑賞会の始まりです。「離れて見ると自分の作品じゃないみたい!」手元で見ていた時とは違う魅力が発見出来たようですね。可愛らしい作品たちなのでお家に帰ったら是非飾ってくださいね。

そういえば・・・朝の青空も「奇跡」でした。七ヶ宿町は奇跡と出会える町なのかもしれませんね。

【依頼講座】 七ヶ宿町に行ってきました!②

2020年11月7日(土)
依頼講座 七ヶ宿町社会福祉協議会
七ヶ宿町高齢者センター&湯原コミュニティーセンター
プログラム「クリスマスツリーを描く」

季節は秋、七ヶ宿の山々は美しい紅葉であでやかな色をまとっていました。町が秋色に染まる中、七ヶ宿の皆さんと一足お先にクリスマス気分を味わってまいりました。前回同様、マスク着用、手指消毒等 コロナ感染対策をしっかりとして、安心してリラックスした雰囲気の中でクリスマスの音楽を聞きながら、今回のプログラム「クリスマスツリーを描く」が始まりました。

「クリスマスと言えば?」の問いかけに、アイスクリームケーキの思い出や、サンタクロース! プレゼント! トナカイ!・・・とクリスマスのイメージはいろいろ・・・その中でクリスマスのシンボルとも言えるクリスマスツリー!もみの木の形? あれ?もみの木の葉って上を向いているんだねという気付きはさすがです。

自分のもみの木の色をあまり迷わずに選んでいく七ヶ宿の皆さん。画面に絵の具をとんとんとんとん・・・もみの木が大きく成長していきます。

そして、そのもみの木に雪が積もります。思わず触ってみたくなるような雪を降らせる七ヶ宿の皆さん。

「いっぱい降るからねえ」との言葉になるほど、思わず頷いてしまいました。

クリスマスの音楽にあわせて皆さんの手が軽やかに動き 「う~ん、むずかしいな~」から「わ~、楽しいな~」とツリーが仕立てられていきます。楽しさが伝わってくるクリスマスツリーが出来上がりました。

参加者の皆さんによるプレ鑑賞会のスタートです。お互いの作品を褒めあいながら近くで眺めて談笑し合う大切な時間です。

大きなどっしりとしたもみの木に降る雪。まるで物語の中にいるようなあたたかな雰囲気のツリー達。リズミカルな音楽が聞こえてきそうです。きっと今年のクリスマスは皆さんのツリーが華やかな一日に一層の彩りを添えてくれることでしょう。わくわく・・・クリスマスが待ち遠しいですね。今年度の講座は今回で終了です。コロナ禍で予定通りとはいきませんでしたが、七ヶ宿町社会福祉協議会様に感染予防のご配慮をいただき、9月、11月と講座を開催できましたこと感謝申し上げます。来年度も楽しい時間を七ヶ宿の皆さんとご一緒出来ますように・・・

七ヶ宿の皆さん メリークリスマス そして よいお年をお迎えください☆

写真提供:七ヶ宿町社会福祉協議会

【依頼講座】 七ヶ宿町に行ってきました!①

2020年9月12日(土)
依頼講座 七ヶ宿町社会福祉協議会
七ヶ宿町高齢者センター&湯原コミュニティーセンター
プログラム「雨のガラス絵」

新型コロナウイルス感染症の影響により、予定されてた春夏の講座が中止になってしまった為、今回が今年度初の講座になりました。前回の講座からなんと10ヶ月ぶりの七ヶ宿講座です。参加者の皆さんに忘れられていないかしらとの心配はどこへやら…「いつもたくさん荷物持って来てくれてありがとうね」「楽しみにしてたんだよ」とあたたかい言葉で出迎えてくださいました。

コロナ禍での開催ということでマスク着用、手消毒、飛沫予防シート…感染予防対策をした上でのスタートです。いつもとは少し違う雰囲気にはじめは少し緊張が見られましたが「今日は何するんだったか?久しぶり過ぎて忘れてしまったわ~」との声に、大きく頷き同調する姿が見られました。七ヶ宿町の皆さんの変わらない明るさで会場内は一気に和やかな雰囲気になりました。

「今回は雨を描きます」とメインが伝えると皆さんなにやら不安そうな表情。1年ぶりに使う絵の具を眺めながら真剣に色を選んでいます。同じテーブルの方同士で選んだ絵の具を見比べながら楽しそうに談笑しています。気の知れた仲間とのコミュニケーションは日頃の疲れを癒してくれますね。

どんなプログラムでも描き始めは躊躇してしまうものですが、七ヶ宿町の皆さんは違います。「何描いてるかさっぱりわからない」と言いながらも、素早い手つきで画面の中に雨を降らせていきます。降り始めはシトシト、パラパラ…優しい雨。

雨雲になったつもりでどんどん雨を降らせていきます。気づけば画面いっぱいに雨の空気が表現されていました。普段、山々の美しい自然を目にされているだけあって色どり豊かな作品に仕上がっていきました。

絵の具の混色やスクラッチの太さで雨の強さが変わって見えるから不思議ですね。出来上がった作品が並べられると七ヶ宿恒例のプレ鑑賞会が始まりました。作品の近くに集まってお互いの作品を褒めあったり、写真を撮ったりと優しい時間が流れます。マスク越しであっても笑顔だとわかるほど皆さん穏やかでステキな表情をされていましたよ。私たちが七ヶ宿町を訪れてから6年目にして初めて今回雨が降りました。雨音には心を癒す効果があるのだとか。BGMでも雨音のCDを流しながらの制作でしたが、七ヶ宿町の皆さんの楽しい笑い声の方が癒しの効果が大きいのかもしれませんね。私たちの方がすっかり癒されましたよ。次回は冬を予定しています。皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております。

※講座開催の為、様々ご配慮いただきました 七ヶ宿町社会福祉協議会様 この場を借りて御礼申し上げます。

写真提供:七ヶ宿町社会福祉協議会

【依頼講座】まなびあテラスにてワークショップ開催!

2020年2月29日(土)
依頼講座 まなびあテラス@東根市
実施プログラム「植木鉢に描く地中のアナログ画」

暖かい日差し、春の兆しが感じられる2月最後の日。
東根市のまなびあテラス様にご依頼を受け、講座を行ってきました。
今回で講座は3回目。昨今ニュースで話題となっている感染症の影響はどうか…と開催を心配しましたが、小規模のワークショップとのことで開催の運びとなりました。
私たち講師スタッフの立場としても、マスクをしての実施となりました。

今回のプログラムは「植木鉢に描く地中のアナログ画」。
地中の世界を、植木鉢に自分なりに表現していきます。

地中に埋めた種を大きく育てていくには…
どんな栄養が必要でしょう?太陽の光もさんさんと降り注いで…水も必要だよね。
愛情もしっかりこめて…!

 


自分だけの地中の世界に、様々な思いがこもった色が重なって、複雑な色が生み出されていきます。

種から根っこが伸びるよ、どんな風にのびていくんだろう?
地中の世界に思いを馳せて…

ゆびで擦って、また描いて!


小さいお子さんから、ご年配の方まで、集中する時間が流れます。

完成した作品は、どの作品も地中のパワーがあふれています!

 
 
360度、表情が違って見える作品ばかりでとっても楽しい!
これから暖かくなる季節にぴったり、元気をもらえるような作品ばかりでした。

「大人になって誉められることが無くなるから、(褒められて)嬉しいです。」
「楽しく、集中して、リフレッシュできた。」
「童心に返ったようで楽しかった。」
参加者のみなさまから、嬉しいご感想をいただきました。

植木鉢は実際に使うこともできます。
飾って眺めるもよし、これからの季節に向けて実際に使ってもいただけたら…と、今回は花の種も作品とともにお持ち帰りいただきました。
不安な気持ちになりそうな昨今ですが…今回の作品や講座に参加した経験が、参加者の皆さんの気持ちを少しでも明るくしてくれますように。
講座に参加された皆様、本当にありがとうございました。

講座開催のため、様々配慮いただきました まなびあテラス様、この場を借りて御礼申し上げます。

【依頼講座】七ヶ宿町に行ってきました!④

2019年11月9日(土)
依頼講座 七ヶ宿町社会福祉協議会
七ヶ宿町高齢者センター&湯原コミュニティーセンター
プログラム「きらめく星座宇宙」

講座の前日は立冬、暦の上では冬が始まりました。朝夕冷え込んできたので、山道の凍結が不安材料でしたが、講座の日は、気持ちのいい秋晴れ。山の紅葉もちょうど見ごろを迎え、七ヶ宿への道のりは、秋の景色を十分に楽むことができ、心も豊かにさせてくれました。

今年度最後のプログラムは「きらめく星座宇宙」なんと、広大なテーマでしょう!

まずは、星空の写真をみながら遠い星や宇宙に思いをはせます。

持参した写真の他に、今回は七ヶ宿社協さんが、すてきな七ヶ宿町の星空の写真を準備してくださいました。

「あら、すてきな星空。よくみると、たくさんの星が光っているんだね。」「昨日の夜、星空みてみたよ。」「流れ星みたことあるよ。夏の流星群。」「名前よく知らないけど、横に3つ並んでる星があるんだよ。」皆さん、星に関するお話をたくさんしてくださいました。

今回は、使い慣れたオイルパステルを使っての制作ですが、点描していくという今まであまりしたことのない作業。

「軽く打ったり、力をいれ、ギュッギュッとねじ込むように打つと点の表情がかわりますよ」というスタッフの言葉を合図に、オイルパステルを手に取り制作が始まりました。

カツ、カツ、カツ・・・トン、トン、トン・・・描画紙にオイルパステルで描き込んでいくリズミカルな音が、部屋中に響きわたります。真黒な宇宙の中に、色鮮やかな思い思いの星が輝き始めます。

制作をしていくうちに、どんどんと宇宙のイメージが膨らみ、皆さん夢中になっていく様子がみられました。

 

昨夜の見たお月さまをくわえた星空。天の川におり姫とひこ星がかがやいている星空。オリオン座や北斗七星が輝いている星空。色とりどりの星が宝石のようにちりばめられた星空・・・いろいろな思いの詰まったオンリーワンの広大な星空が完成しました。

「また、星をみてみようかな。」「天井に作品を貼ってながめようかな」「きらきら光る星座描くの楽しかったよ」などの言葉をいただき、スタッフも嬉しくなり、やりがいを感じたところです。今年度の講座は終了しましたが、また来年の春にお会いできることを楽しみにしています。皆さんから更に喜んでいただけるよう、しっかり勉強していきたいと思います。お元気で

写真提供:七ヶ宿町社会福祉協議会

© 2012 クリニカルアートやまがた All Rights Reserved.